FC2ブログ
去る11月10日(金) 第8回糖尿病週間学術講演会 が行われました。
特別講演の演者に 国立国際医療研究センター 糖尿病研究センター長 の 植木 浩二郎 先生 がご登壇されました。
90分間飽きさせない引き込まれる御講演は、参加者の心に情熱の火を灯したようでした。
特にコ・メディカルの方々の反応が顕著で、自分たちのやっていることに対する労が報われる、今後の活動に自信が持てる、意欲が湧く等々、感動の声がそこかしこから聞こえました。

講演会後の会食に同席させていただきました。
植木先生、糖尿病療養指導士会の重鎮、益崎教授という格式高い面々の中に入るのはいささか身に余るものがあり恐縮していましたが、皆さんの配慮と和気藹々とした雰囲気のおかげで、ご馳走を美味しく堪能することが出来ました。
めったにお会いできない植木先生が講演された話の流れになると、皆さんの熱がぶり返したかのように話に花が咲き、場を辞す頃合には名残惜しさが伝わるあっという間の濃密な時間となりました。

IMG-0918.jpg

スポンサーサイト



2017.11.30 Thu l 学会・研究会 l コメント (0) トラックバック (0) l top