FC2ブログ
皆様 今回は「世界糖尿病デー」について御紹介したいと思います。
御存知の方もいらっしゃるかと思いますが 世界糖尿病デーとは、糖尿病の有病率が世界的に増え脅威を増しているのを受け 2006年に国連決議によって 毎年11月14日を世界糖尿病デーと定め 国連に加盟するすべての国に糖尿病の治療・ケア・予防について施策を策定するように呼びかけています。

???なぜ11月14日??と思われた方もいらっしゃると思いますが、11月14日は世界で初めてインスリンを発見しノーベル生理学・医学賞を受賞したカナダ人医師フレデリック・バンティング博士の誕生日なのです。
バンディング
同デーを記念して11月14日は 世界中の著名なモニュメント、観光施設がブルーライトに包まれます。
昨年、東京では東京タワー、レインボーブリッジ、東京都庁、県内ではカーニバルパーク・ミハマの観覧車、県立博物館・美術館前の白亜の壁にブルーライトアップが行われました。
タワーブルー観覧車

それと同時に 全国各地でのライトアップや講演会、血糖測定、健康相談といったイベントも行われ 市民の糖尿病の認知に向け着実に歩んでおります。

また 下記の片岡 鶴太郎氏が揮毫されているポスターは、シンボルマークの「ブルーサークル」を用い「糖尿病啓発運動への団結」を意味しているそうです。
デ―
こうした背景を持つ「世界糖尿病デー」。
これからの未来へ向け 世界中の糖尿病予防・治療・療養の促進に、更なる光が差し込むことを期待しています。
スポンサーサイト



2012.10.29 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top