FC2ブログ
8月9日(金) ホテルロイヤルオリオン沖縄にて、東京慈恵会医科大学附属第三病院の森豊先生をお招きしたセミナーが開催されました。

森先生は外来終了後のフライト予定でしたが、台風13号が関東に接近したため急遽航空機を変更して戴き、奇跡的なタイミングで会場入りされました。
森先生の御講演は、簡潔明瞭でまた台風のように聴衆を引き込む吸引力があり、めまぐるしくも楽しい1時間でした。
先生のプレゼン用のスライドもセンスあふれるもので、どうやって作っているのだろうと感心しきりでした。
後の会食に同席させていただいたとき、そのスライドは秘書さんが作っていると聞き、その才能に驚かされ、まだまだ勉強しなければと奮起させられました。

会食では、森先生の腰の低さや話題の豊富さに、親しみやすさを感じました。
益崎先生もそうですが、ファンの多い人、人をひきつける人の要所をついたお人柄だと思いました。

2018年8月10日 森 豊 先生を囲んで の会食会 ハイアット リージェンシー 那覇
スポンサーサイト



2018.08.10 Fri l 学会・研究会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2018年3月26日(月)
広島大学の一戸教授、川瀬先生をお招きして血液がん免疫療法セミナーを開催しました。

小規模な身内のセミナーにもかかわらず結構な人数が参加したそうで、一戸教授、川瀬先生のご高名と、当講座教授 益崎先生、准教授 森島先生のアテンド能力の高さを思い知らされました。

一戸教授・川瀬先生 講演会 会食会ナ ハテラス 2018 03 26

2018.03.29 Thu l 学会・研究会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
益崎先生がご講演される医療ネットワーク委員会推奨講演会が開催されました。
教授が沖縄で講演されることはめったになく、また常に新しく刺激的な演目に期待する230名以上の医療関係者が参加しました。

これからなおも加速するAI時代、そして100年寿命時代に向けて私たち一人ひとりの働き方・生き方が問われる場面が増えてきます。
その流れを読み人間としてどう生き残るか、それもただ生きるだけじゃなく健康で生き続けることを意識させられる、常のごとく示唆に富んだ濃密な内容でした。

講演後も益崎先生に対する質問が尽きず、みなさんの興味の深さを感じました。

中部地区 医師会 推奨講演会 2018 02 06
2018.02.19 Mon l 学会・研究会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
11月29日(水) 第10回目となるあじまぁの会が開催されました。
一般講演では、中頭病院の 湧田 健一郎 先生が、優しい語り口調で中身の濃いご講演をされました。
最近糖尿病専門医試験にも合格され、ますます目が離せない有望な先生で、益崎先生もたいそうご満悦な様子でした。
特別講演でご登壇された 群馬大学生体調節研究所の 藤谷 与士夫 先生も研究熱心なことが伺える、とても熱いご講演をされていました。
身近な亜鉛が生活習慣病とどう関わるかという、目から鱗の落ちるような興味深い内容でした。

第10回 あじまあの会 藤谷 与士夫 教授 2017 11 29

いろいろな講演を拝聴する機会をいただき、様々な先生方の発表を拝見していると、遠かった景色が近づいてくるような気持ちになります。この、旅する様な不思議な感覚をもっとたくさんの若い先生方にも味わって欲しいと生意気にも思う今日この頃です。
2017.12.01 Fri l 学会・研究会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
去る11月10日(金) 第8回糖尿病週間学術講演会 が行われました。
特別講演の演者に 国立国際医療研究センター 糖尿病研究センター長 の 植木 浩二郎 先生 がご登壇されました。
90分間飽きさせない引き込まれる御講演は、参加者の心に情熱の火を灯したようでした。
特にコ・メディカルの方々の反応が顕著で、自分たちのやっていることに対する労が報われる、今後の活動に自信が持てる、意欲が湧く等々、感動の声がそこかしこから聞こえました。

講演会後の会食に同席させていただきました。
植木先生、糖尿病療養指導士会の重鎮、益崎教授という格式高い面々の中に入るのはいささか身に余るものがあり恐縮していましたが、皆さんの配慮と和気藹々とした雰囲気のおかげで、ご馳走を美味しく堪能することが出来ました。
めったにお会いできない植木先生が講演された話の流れになると、皆さんの熱がぶり返したかのように話に花が咲き、場を辞す頃合には名残惜しさが伝わるあっという間の濃密な時間となりました。

IMG-0918.jpg

2017.11.30 Thu l 学会・研究会 l コメント (0) トラックバック (0) l top