FC2ブログ
以下のような場合は医局またはHP編集委員会までご連絡下さい。

・論文の掲載。
・学会などでの招待講演。
・学術賞の受賞。
・国際学会での発表。
・科研費などの研究費の獲得。
・新聞・雑誌などメディアの取材を受けた場合。
・依頼原稿の執筆(新聞のコラムなども)。

医学・医療以外の話題(趣味に関することなど)でも結構です。
担当者で全てのメディアをもれなく把握することは困難です。
自己申告あるいは気付かれた方が担当に声をかけていただければ幸いです。
過去にさかのぼると作業が大変なので、申し訳ありませんが2010年以降のものとさせて下さい。
宜しくお願い致します。

HP編集委員会より

P.S.
HPのトップページにもリンクを張ってアナウンスしてあります。
依頼原稿の場合は版権の問題で記事をそのまま掲載するのは難しい場合があります。
この場合、雑誌のウェブサイトへリンクを張って記事をご紹介するのみとなります。 (医局または執筆者に連絡いただければ別刷をご提供できる場合があります。)
オフィシャルな話題はHPで、カジュアルなものはブログで紹介しようと思っています。
スポンサーサイト



2010.03.29 Mon l ブログサイトの運営に関して l コメント (0) トラックバック (0) l top
 新しいホームページの正式な発足を前に、このブログサイトの運営方針を掲げておきます。

 このブログサイトの目的は、医局の多様な側面を私たち自身と多くの関係する方々にに向けて発信することです。和んだり、前向きな気持ちになる記事を心がけ、他者の批判やnegativeな意見の表明は行いません。このブログは非公式な情報発信の場ですが、検索サイトでも検出が可能なので、事実上世界中にオープンになっています。研修医や学生の方にもご覧いただきたいので、閲覧のためのアクセス制限は設けていません。

 たくさんの投稿やコメントで賑わうのも魅力的ですが、上述のように多くの人の目に触れる可能性があるため、不適切な内容を含んでいないか、常に確認する必要があります。いろいろな投稿があった場合に、適切にチェックするのは現状では難しいので、担当者がカジュアルな情報を発信する場としています。今後、投稿したいという声が多く上がれば実現の方法を検討します。

 現在はホームページ内に記載されている内容や公的にリリースされた情報に関しては、個人情報であってもブログに掲載して差し支えない範囲と解釈しています。また、医局の行事などで撮影された写真は担当者の判断でサイズを加工して載せています。関係者が適切でないと考える記事や写真は削除の対象としますので、ご連絡いただければ幸いです。

 このブログを運営しているウェブサイトにはさまざまな機能がありますが、担当者も勉強中です。ちょくちょく見ていただけるような魅力的なサイトにしていきたいと思います。ご意見があれば担当者までメールでご連絡下さい。

 担当者メール:ryudai2nai@gmail.com
2010.03.04 Thu l ブログサイトの運営に関して l コメント (0) トラックバック (0) l top