琉球大学医学部第2内科のブログです。HP担当者が公式リリース以外の情報や医局の日常を綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月10日は9階西病棟源河師長さんの誕生日。
先んじて、8月8日(月) 教授病棟回診の前にサプライズ誕生会を開催しました。

 DSC01961.jpg

源河師長さんの素敵な笑顔は、患者さん、病棟スタッフ並びに先生方の癒しになっているようです。
源河師長さんにとって、ますます笑顔多き幸せな年になりますよう心より祈念申し上げます。
スポンサーサイト

【2016/08/09 16:27】 | 医局行事
トラックバック(0) |
7月1日、産業医科大学の田中 良哉 教授、岡田 洋右 先生にお招きいただき当科益崎教授がご講演されました。
約500人という参加者が来聴され、非常に盛会となったそうです。

一糖会

産業医科大学は何かとご縁が深く、現在も当科からの国内留学として玉城先生がお世話になっています。
医局の先生方にとても良くして頂いているそうで、月一報告の際に充実した毎日を送られている様子が伝わってきます。

このように他大学との交流が活発化していくことで、臨床研究や基礎研究の成果につながっていくのだと考え入ります。

【2016/07/28 17:11】 | 学会・研究会
トラックバック(0) |
先月まで当科を回ってきてくれていた研修医たちをねぎらうため、恒例のお食事会が開かれました。
下はディナー後のスナップです。

2016 06 29 研修医先生との食事会北爪先生 おやふそ先生 宮城先生 皿井先生 本間先生 学生時代とは違った目線で患者さんたちを診、先輩医師たちの仕事ぶりを通していろいろな気付きを得られたそうです。
医師としての第一歩を踏み始めた彼らにエールを贈ります。

【2016/07/07 13:31】 | 医局行事
トラックバック(0) |
5月27日(金)
長崎 森 医院 実習生 森佳織 先生が当科へ一日見学にいらっしゃいました。
森先生はとてもパワフルで、グローバルな空気をかもし出す魅力的な先生でした。
会食に同席された先生方、教授も含め、お話のスケールの大きさに圧倒されっぱなしだったとのことです。
これを機会に 長崎と沖縄の医学・医療交流が深化していくことを期待しています。

20150527 森 佳織 先生 DSC01849 DSC01853 2016 05 27 森 佳織 先生 稲葉 紀子 さん 医学部6年生

【2016/05/31 11:20】 | 教育関係
トラックバック(0) |
5月13日(金)
聖マリアンナ医科大学 教授 田中 逸 先生をお迎えして、ミニレクチャーをしていただきました。
無題

『30年先に活躍している糖尿病専門医』と題した御講演は、未来を見据えた眼識あるメッセージばかりで、参加された先生方一様に深い感銘を受けたようでした。

これから人工知能が世の中に広まり、人間の働く場や医療の場においてすらAIが活躍する時代が到来すると言われています。
その中で、医師としてまた人間としてどう生きるべきか、どうあるべきかということを日々考え続けること。
考えること、創造することこそが人間が人間足らしめる一因だと自覚し、ヒトとしてのあり方をビジョンとして明確に描いていきたいです。
今回のこのレクチャーに出席されたすべての医療人が30年後も活躍していてくれることを期待します。
2016 05 13 田中逸 教授 レクチャー集合写真

【2016/05/23 16:06】 | 医局行事
トラックバック(0) |
今年度より病棟の看護師長さんが変わりました。

その歓迎の意をこめて、新看護師長さんの源河さんと新人看護師さん四人を交えて、教授とのランチ会が行われました。
教授室へ入られる前は緊張している様子の新人さんたちも、ランチ会終了時にはみなリラックスした雰囲気で病棟に戻られていきました。
前看護師長糸数さんもそうですが、新師長さんの源河さんもとても物腰の柔らかい素敵な方で、第二内科は人に恵まれているなとつくづく感じ入りました。

20160422 9西 新人看護師さん4名と源河 看護師長さん ランチ会

これから、どうぞよろしくお願いします!

【2016/04/22 15:06】 | 医局行事
トラックバック(0) |
血液グループ、内分泌グループそれぞれに興味のある学生さんが、一日医局見学にいらっしゃいました。

他大学からの学生さんたちを受け入れることは、見学されるご本人のみならず、医局の先生方にも少なからずも良い影響を及ぼすような印象を受けます。

 DSC01815.jpg

積み重ねていくルーティーンに少しの刺激を加えることが、ゆくゆくの大きな飛躍につながっていくのだろうと思うと、変化やチャレンジに対する抵抗感が薄れ、向上への意欲が増していく気がします。

【2016/04/12 16:45】 | 医局行事
トラックバック(0) |
3月21日(祝・月)
快晴のお天気の中、歓送迎会を行いました。
美男(?)美女の医師と看護師のダブル司会がスムーズな温かな会となりました。

2016年は大変動の年といわれているようで、当科人事にも大きな変化がありました。
新たな仲間が増えて嬉しいことと同様、大切な人たちが飛躍に向けて旅立つのは喜ばしい気持ちと一抹のさみしさもあります。

持論ですが、どんな環境であれ与えられた現実をしっかり見据えてやるべきことをやる。
そうすれば、いつかきっと何段階もステップアップしたみんなとの再会と、そしてもっと素敵な出会いもできると思っています。
もちろん自己研鑽を怠らなければですが。

なので、さみしさは一瞬だけ、あとは歓びに満ちた新年度になると期待しています。


 

【2016/04/04 14:33】 | 医局行事
トラックバック(0) |
卒業、おめでとうございます。
3月18日(金)
安堵と希望と感謝のハレの日。
当講座にて大学院生として勉強されていた新里幸子さんが、琉球大学大学院医学研究科 修士課程修了者代表として卒業証書を授与されました。
華やかな着物と、堂々たる様はお見事といえましょう。

彼女は今後も引き続き、博士課程の大学院生として研究に励まれます。
働きながら博士号を取得されている諸先輩方のことをみるにつけても、いつまでたっても日々勉強、と身が引き締まる思いです。

図1
図2
図3

【2016/04/01 15:10】 | 医局員・同門会員情報
トラックバック(0) |
来年度に大学院入学予定の留学生が、入試面接のため来沖されていました。
試験後の息抜きに観光するという話になり、急遽私が同行させていただきました。

IMG_0089.jpg IMG_0067.jpg IMG_0020.jpg

彼女はオーストラリアの出身で、沖縄の文化に大変興味を持っているとのことでした。
沖縄に関する着眼点の鋭い質問をされたりと心中あせったりもしましたが、思慮深く聡明な彼女との会話はおもしろく、帰りには夢を語ったり恋愛の話をしたりと道中とても楽しく過ごせました。
彼女も楽しんでくれている様子でほっとしました。

何度目かの留学生との交流を通して、コミュニケーションはやはり質問からという当たり前のことを再認識しました。
相手のことを考えての言葉や行動は、たとえ拙くても伝わるものだということも実感することができました。

彼女が沖縄で学ぶ日がくることを心待ちにしています。

【2016/02/26 16:18】 | 教育関係
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。